2014年12月26日

更に悪化すると回復できない

しかし、食習慣やストレスなどの外的刺激に体が門の明記反応を起こすと肝臓がフルストの戦場になってしまい肺炎を引き起こし
てしまいます。それでも生活週刊お改めゆっくりでも回復すれば良いのですがさらに無理を続けると肝炎は次の段階としています。
ダメージを受けた幹細胞は治ろうと治ろうとして装飾装置反応が過剰に働くとケロイドのような痕組織が増殖して肝硬変という状態を
招いてしまいます。肝臓は傷痕だらけとなり下流れ図機能ストップしてしまうのです。傷ついた肝臓を細胞分裂で補い続けるとテロメア
が消滅し円の分裂を付ける修復細胞である廃盤が誕生してしまうのは皮肉な話です。  


Posted by ra06001 at 22:41

2014年12月25日

変えられることは改善しよう

排ガスだらけの道を歩くのか、空気のきれいな道を歩のか。食事は飽食で偏食が良いとか、安全ようにするべきか。暴飲暴食で良いのか、
腹6部目が良いのか。答えは明確に見えているのに気が生活を改めようとしないのはなぜでしょうか。それで生活習慣猫まねてもそれ
こそ身から出た錆では無いでしょうか?肝硬変も体を埋めすぎた結果、細胞がさびついてることによって起こる病気です。肝炎ウィルス
を持っていても規則正しい生活をして食事もバランスよくとっていれば、発病せずに自然治癒するか、症状のでないキャリアになり
ます。そこでとどめるようにしましょう。  


Posted by ra06001 at 21:06

2014年12月24日

実は自分の体も痛めている

褒めちぎらなくなることによって山の保水力は激減し、一気に頃が流れ込んで大災害となったのです。こうした間違いは何度も繰り返
されるといるのに未だに環境汚染をまとまることを知りません。人は共生関係を壊した今払っています。災害用雲より先に自分たちの
仕方こそ反省すべきなのではないかと私は思うのです。
環境破壊が自分の体も痛め付けているとすれば、人間はこのように動物に対しても植物に対しても加害者なのですが、実は自分の体の
ことも同じように痛めつけているのです。喫煙、飽食、不摂生。何気なく行ってるその週間にどれだけ体が苦しめられたことでしょう。メタルマッスルHMB 販売店
  


Posted by ra06001 at 02:08

2014年12月23日

繰り返し行われたこと

その風が環境先として我峰帰ってきてることを誰もが憂慮していますがこれは何も今に始まったことではありません。明治22年、
熊野本宮大社の建物が工事でレースしました。この建物は寝台に行きたいから過去と言われ時代を超えて人々の崇敬の対象となってきた
ものです。数百年以上にわたって数行き者どもしなかったその社はなぜいきなり知能の工事で流れたんでしょう。それは周囲の木々の
伐採の世のためだったのです。明治維新後に東京の人口は激増したため家を建てるための資材課たのは会社の周りの熊野杉だったのです。
しかしそれを伐採しすぎてしまったのです。  


Posted by ra06001 at 13:13

2014年12月21日

生態系のバランスが崩れていった

なぜ私たちはそれほどまでに他の生物を途中を犯したのでしょう。それは人口が増えたからねなりません。正暦元年心の準備の数はたったの3千万人。
400年前の20世紀初頭さえ15億人。ところが今人類の総数はすでに70億人にもたっしています。膨大な数の人間が生き抜くために動物
生きる場所を奪った結果、人間は動物との共生関係を破綻してしまったんです。自然界からの知事賞、熊野本宮の番
植物に関してはどうも通常に容赦なく生活共生関係を壊してきました。事業正森を切り開いて人の住む場所押し広げてきたのです。
  


Posted by ra06001 at 22:24

2014年12月20日

開拓の結果がそうなった

棲み処であるそれが死んでしまえば自分たちも死んでしまうのですからうまく調整してくれたのです。
ところがたまたま進化したんですが出てきて人間の体内にも感染可能となったからさぁ大変。光のウィルスに入り込まれた絶えないでは
嵐のような明記反応ポリ等に至らせ占めるのです。それも人類が鳥の生活圏に入り込んで開拓.開墾地を欲し広げてしまったからです。
言い換えれば人類は鳥の生地を犯してしまっていたのです。それだけにかゆません。サルに対してもとは同じことをし、同じ報いを受け
ています。猿の生活圏にどんどん接触し、脅し、信頼していた結果猿の病気だっエイズウイルスをもらってしまったのです。  


Posted by ra06001 at 01:02

2014年12月19日

あまり近づきすぎてはいけない

報いとしてのインフルエンザやエイズ、冬になると私たちを脅かすインフルエンザ。その語源はインフルエンス(影響)です。昔の人は冬の寒気の影響で
インフルエンザが起きると信じていました。だから薄着をすると一生寒いという迷信ができたんです。しかし実際のインフルエンザの
原因は、冬なるとやってくる別のもの。それは渡り鳥です。インフルエンザウイルスはもともと鳥の腸内にいたウィルスでした。渡ど
れが冬になるとやってきて、鶏の餌をついばみ、申します。その分解してそれから舞台だから人感染していたのです。水栖とて取りを
殺す気など毛頭もありません。善玉菌のチカラ過敏性腸症候群
  


Posted by ra06001 at 05:57

2014年12月18日

自分中心に物事を考える典型例

この考え方は17世紀までに信じられていた天動説と同じだそう
ですね。地球は家の中心である全ての団体は地球の周りを動いているということが当時の常識でした。しかしこれが間違いだった事は
今や誰もが知っています。あらゆる生物は種の保存のために生きているのであってなすために生きているわけではありません。むしろ
人や他の動物達と調整しようとしています。大腸菌は汚いものと思われていますが、実は大腸菌のおかげで消化吸収がスムーズに行って
いる。忙しいのではマイケミ暇がありません。すべての生物違いを示しながら調整していくのが理想なのです。  


Posted by ra06001 at 23:32

2014年12月17日

結果だけで物事を言っている

その意味では彼らも害獣と呼ばれる存在です。しかし彼らの事情もツキノワグマと同じです。人間側の視点
だけで害獣と呼ばれたらたまったものではないでしょう。もっとも猿が殺される事はまずありません。サブ物の住友人殺すような事は
無いからです。殺されるクマ、逃げ延びるさる。これらの動物の駅はすべて人間の都合で決まっていることがわかりますね。私たちは
全部こそ万物の部長と考えています。ピラミッドの頂点人間がいてその下にサブなどの霊長類がいる。そして哺乳類脊椎動物、節足動物、
軟体動物、と下に行けば行くほど寡頭制物騒なると考えているのです。  


Posted by ra06001 at 04:02

2014年12月16日

その原因は一体どこにあるのか

一方的に害獣にされた動物の悲劇
まずこのような話をするかというと人間たちが自分の都合で秋の生活を山あるいは開くと一方的に決め付けた事も罪は非常に深いから
です。先ほど会場と言いましたがその代表格は月の輪くまです。彼らは餌を求めて人里に降りて規定は撃ち殺されてしまいます。その
数年間数百通。しかし彼らは大丈夫なのでしょうか?彼らは人間に危害を与え落としているわけではありません。長い間炭処としてきた
どんぐりの森を人間が杉の植林に変えてしまったため食べ物がなくなって人里に降りてきただけなのです。猿も同じ人の生活圏に降りて
きたは食べ物娘ます。  


Posted by ra06001 at 01:58