2014年12月26日

更に悪化すると回復できない

しかし、食習慣やストレスなどの外的刺激に体が門の明記反応を起こすと肝臓がフルストの戦場になってしまい肺炎を引き起こし
てしまいます。それでも生活週刊お改めゆっくりでも回復すれば良いのですがさらに無理を続けると肝炎は次の段階としています。
ダメージを受けた幹細胞は治ろうと治ろうとして装飾装置反応が過剰に働くとケロイドのような痕組織が増殖して肝硬変という状態を
招いてしまいます。肝臓は傷痕だらけとなり下流れ図機能ストップしてしまうのです。傷ついた肝臓を細胞分裂で補い続けるとテロメア
が消滅し円の分裂を付ける修復細胞である廃盤が誕生してしまうのは皮肉な話です。


Posted by ra06001 at 22:41

削除
更に悪化すると回復できない